想いでの詩コンサート 2018

音楽会「想いでの詩コンサート」の2018年版のポスター用のイラストになります。

今回は、1963年にヒットした「いつもの小道で」という曲をイメージしたもの、というお題でした。
作詞の永六輔氏が戦時中に長野に疎開していた頃の詩で、恋愛とか浮かれたことは否定される時代に、毎朝かわいい女の子と小道ですれ違う、目と目が合う、それだけが唯一心が和む瞬間だった。というような詩なのですね。で、長野といえば軽井沢の白樺の木に囲まれた小道、というイメージを担当様から頂きまして、それを元に描き上げたのがこのイラストです。
詩の最後はちょっと悲しい結末っぽいんですが、これはそこに至る前のすれ違うだけで恋の蕾を膨らませつつある男女の姿、という絵柄ですね。

ご依頼とお問い合せ

仕事のご依頼やお問い合わせはこちらのメールか、下のお問い合わせフォームよりお願い致します。 条件、金額面は最大限考慮致します。どうぞ、お気軽に。なるだけ早くお返事致します。

お問い合わせフォーム

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

会社名、団体名

件名

ご依頼、お問い合わせ内容